メンタルトレーニングを活用し、メンタルを効果的に強化することで「やる気スイッチ」を入れ、目標の達成までのモチベーション維持、コミュニケーション能力を飛躍的に向上させます。


コンセプト

① コミュニケーション能力(聞く力と伝える力)を向上させます。

自分の想いを正しく伝えられるようにし、相手の想いを理解することで、相手の意見を素直に聞けるようにします。

 

② やる気スイッチを入れ、モチベーションを維持させます。

目標達成後のプラスイメージを明確にすることでやる気スイッチを入れ、マイナス思考(ネガティヴ)からプラス思考(ポジティブ)に移行することで、無理なくモチベーションを維持させ、最後まで諦めず、努力出来るようにします。


現状の問題

① 本当の自分の想いを正しく伝えられず、相手の想いを理解することが出来ない為、相手の意見を素直に聞くことが出来ない。

 

② 目標達成後のプラスイメージを明確にできず、失敗を恐れ、マイナス思考(ネガティヴ)になり、モチベーションを維持することが出来ない為、最後まで努力することが出来ない。


改善方法のご提案

メンタルトレーニングで改善します。メンタルトレーニングは、潜在意識の記憶(五感:視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)の役割りを理解することで、様々なメンタルの問題を改善するイメージトレーニングのことです。

 

潜在意識の記憶は、思考や想い、選択や決断、直感や感覚、感情や本能などの役割で、好きや嫌いなどの価値観、プラス思考(ポジティブ)とマイナス思考(ネガティヴ)などに影響を与え、性格を形成しています。

 

やる気スイッチのONとOFFやメンタルの強弱は、目標達成後のプラスイメージが明確か曖昧かということです。

 

メンタルトレーニングを利用すると、目標達成後のプラスイメージを明確にすることで「やる気スイッチ」を入れ、マイナス思考(ネガティヴ)からプラス思考(ポジティブ)に移行することで、無理なくモチベーションを維持させ、最後まで諦めず、努力できるように成り、本当の自分の想いを再認識することで自分の想いを正しく伝えられるようにし、相手の想いを理解することで、相手の意見を素直に聞けるように成ります。